FC2ブログ

四つ葉のクローバーみぃつけた♪

ちょっと足元を見れば、幸せってすぐそこにあるのかも

祝 卒業!

2019/03/01 21:00 ジャンル: Category:家族
TB(0) | CM(0) Edit

まだまだ先だと思っていた「卒業式」

平成31年3月1日(金)、無事に終了いたしました。

3年前。

「また一からスタートか・・・」と7回目の転勤に親子でいろんなことを思いながら入学式を迎えたっけ。

謝恩会で放映するDVDを作成していたとき、たくさんの写真をみていて「うわ!こんなにみんな子供っぽかったんだ!」って一人で驚いたっけ(笑)

卒業式でのみんなの頼もしい姿。
子供たちの成長に何度も目頭が熱くなったよ・・・


「卒業おめでとう!」


当日はまだ国公立の発表前だったけど、この時点でこの学年歴代の記録をどんどん塗り替えているとか。
これは指導がよかったからとかじゃなくて、絶対一人一人の力だね(笑)
入学当初「この学年は」「こんなに講習を受けない学年はない」とか、誰だっけ?ぼろくそ言っていた先生は。

どこでどう伸びるかわからないし、どこでどうなるかもわからない。
一人一人の力を信じて、みんなで頑張ってつかんだ「合格」
決して「合格」じゃなくて、もう1年頑張ると決めた子も、就職をすると決めた子にも全員にお疲れ様!と拍手をおくりたい。

どんなに遠回りしたとしても、どんなにつまずいても、それにはきっと意味があるはず。
辛くなったら逃げることも大事、いやだと思ったら再スタートしても大丈夫。
自分の未来を信じて頑張ってほしい!

卒業式、一番最初に泣いたのは校長先生だった。

卒業証書を読めなくなった先生。
先生にあとからその理由を聞いたけど、私も泣かさった。

この校長先生で卒業できて本当によかった。
破天荒だと周りはいうけど、破天荒位がちょうどいいと私は思う。
変な方向の破天荒ではなく、子供達のことだけを思ってくれての破天荒だから。

いい卒業式だった。

さて私のPTA最後のお仕事「卒業を祝う会」。
絶対いいものにする!

         sotugyou.jpg



いよいよ新しい年のスタート!

2019/01/10 21:12 ジャンル: Category:家族
TB(0) | CM(0) Edit

明けましておめでとうございます!

昨年は家族全員なんだかんだとドタバタした一年でした。

人生で三度目の大きな地震。
まさか42時間も停電を経験するとは思いませんでした。

そして叔父が急に他界。

誰もが悲しみから立ち直れなかったなか、ちびこの合格は本当にみんなに元気をプレゼント!
よく頑張ったなと思います。

そのちびこはこの後、センターにも挑戦します。
周りの友達もまだ頑張っているから、自分も・・・とのこと。
今しか勉強なんて頑張ろうと思わないから、まあ頑張ってもらいましょう(笑)

週末はいよいよちびこのお部屋探し

いい物件がみつかりますように!

今年もよろしくお願いいたします!

春からは・・・

2018/12/15 01:09 ジャンル: Category:家族
TB(0) | CM(0) Edit

ちびこは受験生。

夏のインターハイ予選終了後、大好きな水泳をいったんお休み。
塾に通いだし、自分が一番行きたい大学へ行くために猛勉強。

早く合格して、早く水泳を再開する・・・
でもそれは簡単な道のりではありませんでした。

一番早い試験の結果は「×」。
怪我をしても泣かないちびこが、学校で合否を知って号泣。
しまいには早退してきました。

周りからの「大丈夫」という言葉、本当はちびこにとってもっとも重いプレッシャーでした。


「みんなちびこを大丈夫だというけど、ちびこ、普通の人なのにね」


それが彼女の本当の気持ちでした。
知らず知らず、私もちびこなら大丈夫と簡単に使っていて、それは彼女にとってきっと思いものだったんだろうなと反省しています。

でもそっからのちびこは本当に頑張りました。

「不合格」という文字。
私も経年しましたが、どんなに気にしないでいようと思っても、まただめかもってどうしても思っちゃうんですよね。

でもちびこ、次の試験で見事合格しました!

有言実行。

見事にリベンジしました!


春からは大学生
そしてまたあの地に帰ります!



伝統はすばらしい

2018/11/29 18:41 ジャンル: Category:ひとりごと
TB(0) | CM(0) Edit

先ほど、速報で「秋田のなまはげ」などが、ユネスコの無形文化遺産に選ばれたと一報が入りました!

昨日ニュース番組の特集で、無形文化遺産の認定を待つまでが放映されていました。
その中で「後継者がいない」「今は各家庭に入る前にこれから入りますと断ってから入らなければならない」と昔といろいろ変わったというお話を保存会の方がお話しているのがとても気になりました。

秋田は私の親戚のいる街。

いったことはないけど、おばさんからのお話や祖母からのお話を聞いていて、雪深い街であるのにとてもあったかい、いい街だなと思っていました。
そこで必ずでるのが、なまはげの話やきりたんぽの話。
小さい時、もしもうちになまはげがきたらどうしよう!って思ったことがあったっけ。

昨日もなまはげに追いかけられて「ごめんなさい、もうしません!」と泣き叫んでる子をみて「わかるわかる!」っと笑ってしまいました(笑)
別に悪いことをしていなくても、なんでかきっと謝るんだろうな~
そうそう、パトカーや警察をみると、何も違反もしていないのに「悪いことしてないから」ってつぶやいてしまう・・・みたいな感じ。

こういう【悪いことをしたら、怖い神様がくる】って大事なことじゃないだろうか
今、親以外いや、親すら怒れない人がいるから事件が起きたり、街中で注意されても「は?」とか平気で言って「すいません」ってことが言えないんじゃないんだろうか。

私はちびこがちょっと生意気な口調になったり態度をすると、学校だろうと友達の前だろうと「何その態度!」と鬼のような説教を始める。
それはちびこにとってうざい以外の何物でもないのはわかっているけど、この先一人で歩みだしていくのに、きっと雷を落としてくれる人はまずいないだろう。
そうそう、怒られるのも怒ってもらえるのも今のうちなんだよ。

親元を離れたって、なまはげがきてくれることなんてないのだよ?笑



保存会の方の一言。「後継者がいない」



そうだよね・・・
伝統っていうのはつないでいかないといけなくて、人間は必ず歳をとるから引退ってものがあるわけで。
更には少子化だし子供たちが田舎から都会へ出ていくと、どんどん田舎は過疎化が進むわけで。
こうして後継者がいないという問題にたどり着くのか。

でもなんだか切ない。
一時の行事なんだろうけど、こういうものはずっと残ってもらいたい。
親が経験したことを子に継ぐ。
そしてまたその子が子に継ぐ。
なんて言葉に表したらいいのかわからないけど、思い出って本当に大事だと思う。
おじいちゃんおばあちゃんの経験したことをひ孫までさらには玄孫まで知っているなんて本当に素敵だ!
「知ってる知ってる!」って思える共通のものって年齢に関係なく全員を同じ時代に連れて行くような気がする。

我が家にとって、それは水泳なのかな。

うちの父は東京オリンピックの強化選手に選ばれて、当時聖火リレーもやった人。
当時は引率の先生の分も選手がお金を出さないといけないころだったらしく、父は泣く泣く断念した。
ちびこが昨年、全国大会に行ったときに初めて話した話。

「おじいちゃんな、本当は全国へ行けたんだけどお金がなくていけなかった。
ちびこの全国に行くって話はな、俺の夢がかなった瞬間でもあったんだ」って。


なんだよ、それなら私をもうちょっと鍛えて水泳選手にすればよかったじゃん(笑)


おじいちゃん→まめたん→ちびこと引き継がれた「水泳」

さてどこまでつづいていくのかな?

結婚20周年♥

2018/11/21 09:00 ジャンル: Category:家族
TB(0) | CM(0) Edit

突然ですが、みなさんに質問です!

皆さんの「結婚記念日」って「入籍した日」ですか?
それとも「結婚式を挙げた日」ですか?

今日、11月21日は20年前に私たちが北海道厚生年金会館(今は無き・・・)で結婚式を挙げた日

私は結婚して数年は「結婚式を挙げた日」を「結婚記念日」と言っていたんです。
でも毎年ぱぱっちが「え?入籍した日っしょ」というので、いつのまにか「そうだよね・・・」とそういうことになりました。


平成10年10月10日 10時32分。


10時10分を狙っても、窓口はそうはいかなかった・・・

当時、この日は体育の日。
ぱぱっちは野球小僧 
私は水泳小僧 
スポーツが好きということで「体育の日」
さらに、一番の親友もこの日に入籍(笑)
毎年お互いに「あ、あっちも結婚記念日だ」と思い出しては「別に普通の日だよね・・・結婚記念日なのに」とLINEで愚痴ったくらいにして(笑)

ちびこが小学生くらいになってからは、ちびこが「結婚記念日おめでとう!」とぱぱっちの休みをみつけて、何かをおごってくれる。それがご飯だったり、パフェだったり。その時によって違うんだけどね。

おこずかい、一生懸命ためてお祝いしてくれる心に、毎回本当に感謝しています。


今年は違いました。
泣くのを我慢しました。
ちびこのサプライズ企画に、本当に成長を感じました。


10月9日。結婚記念日前日

次の日ちょうど私の父が通院で札幌に来ることになったのを知ったちびこ。
いつもならいつまででもいていいよというちびこの様子が変です。

「お母さん、おじいちゃん・・・ ケーキって食べれるのかな・・・ 実は・・・」
ってケーキを事前に予約していたことを話してくれました。

父は病気で食べ物の制限が少しあるので、ちびこは食べれないものだったどうしようと考えたもよう。
「本当はサプライズして驚かすつもりだったんだけど」って寂しそうにしていました。
私に気付かれないようにケーキを注文していたとか。

泣きそうになりました。

そのことを実家に話したら母が「ちびこが気をつかうから、お父さんはちびこのうちに寄らせずに帰るから」って。
そして改めて父から電話が来て「結婚記念日なんだってな!おめでとう!」と。
うちの父、そんなことをいう人じゃないんです!
昭和の頑固おやじで、どちらかというと照れくさくてそんなこと言わないだろうと思っていたのに。
お父さんも歳をとったんだなと思ったら、電話を切った瞬間涙がでました。


“おとうさん、まめたんは幸せな家庭に嫁ぎました。20年あっという間だったよ。”


そして10月10日。

ぱぱっちは相変わらず仕事の鬼で、この日はお偉いさんと飲み会。

夕方、ちびこが「塾に質問することがあるから言ってくる!で、そのあとケーキとって帰るから」と早めに出かけていきました。
ところがこれがすでにサプライズの始まり!
帰宅したちびこの手にはきれいな花束が!

ピンクいっぱいの、かわいい花束!

      結婚記念日2

いつも行くとてもセンスのあるお花屋さんに「お父さんとお母さんの結婚記念日用です」とお願いしたらしい。
「大きく見えるように」という言葉も添えて(笑)

そしてこれが頼んでいたケーキ!

      結婚記念日1

うわ!これ、居間に飾っている新婚旅行の時の写真じゃん!(笑)

ちびこ、私たちの写真を探したらばれるし、どこにあるかわからないから、居間のを撮ったらしい。
しかも、それを撮ろうとしたとき、ぱぱっちがいたらしく、早くどこかへ行ってもらいたいのに、そこ日に限ってどこにも行かなかったとかでちびこがその理由を言う間ずっとご立腹でした。

そうだよね、そういうときっていつもと違う動きをするのよね~ ぱぱっち。
そして、なんでか「なしたの?」「どしたの?」って質問してくるんだよね(笑)


「ケーキはサプライズできなかったけど、花束は成功した!」

って嬉しそうなちびこ。


そして21時に「ピンポーン!」って!


飲み会を早く切り上げたぱぱっち!
「今日結婚20周年だもんな!」って帰ってきました!
そう、手ぶらで(笑)

いいよいいよ、今のお仕事が落ち着いたらゆっくりしよう。

毎日遅くまで本当にお仕事お疲れ様です。
20年。
専業主婦で、ちびこの成長をしっかりサポートさせてくれて、本当に感謝しています。



こんな企画もできる子になっていたなんて。
親から巣立つ日も近いんだなと改めて思いました。
そうだよな・・・ 来春からは大学生になるんだもんな・・・
20年。経った感じがしないんだな・・・私。


ちびこ、本当にありがとうね!

プロフィール

まめたん

Author:まめたん
この鉢7割が四つ葉!

どこへ転勤してもコテコテ道産子

ちょこまかちょこまかしたハンド
メイドが好きな「まめたん」です

ミシンよりも手縫いが好きかな

家族:ぱぱっち
    ちびこ(娘)

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: