四つ葉のクローバーみぃつけた♪

ちょっと足元を見れば、幸せってすぐそこにあるのかも

お祭りで思い出しました(てるさんによって)

今回、新潟の蒲原まつりのことを書いたら仲良しのてるさんから「牛女」やら「カッパ女」の話がでました。

いやあ~懐かしい!

皆さん、見世物小屋ってご存知ですか?

私が小さかった頃、お祭りに「見世物小屋」なるものがきていました。
私の町ではお化け屋敷の隣に作られていて、外の看板には

「世にも珍しい体の半分が女、体の半分が牛」とか
「蛇のように首が伸びる女」

といった絵が、リアルな絵で描かれていました。

怖いものみたさというのでしょうか。
毎年のようにお父さんにひっついて見に行った私。

必ずといっていいほど前おきが長くって、しまいには「今日は牛女は体調が悪い」とこない。
誰も「詐欺だ!」「金返せ!」なんてやじることもなく平和な時代でした

その隣にはバイクのショー「キグレサーカス」なるものがやっていて、バイク好きなお父さんと一緒にがーがー音のなる中抱っこしてもらって見に行ったものです。

そんな実家の町のお祭りも9日に終わったとか。
お祭り小僧の父は裏方さんのお手伝いで忙しかったようです。
てるさんのおかげで私も昔のお祭りを思い出して楽しかった~

皆さんの町のお祭りも8月に向けて開催されているのかな?
ひとりごと | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<やっぱり速いわ!A級選手! | ホーム | 親子でお祭り小僧♪>>

コメント

お祭りも 子供達が小さい時に...
お友達と行くようになると 親はなかなか行く機会がなくなります。
昨年 町内会の祭りに 孫を連れて行きました。
でも カラオケの大きな音に 孫は大泣き...
すぐに かえって来ました。
最近は 食べ物やさんだけが多いね。
↓ でも 本と パパさんおみこし似合いそう!
2010-07-12 Mon 14:49 | URL | ひでちゃん [ 編集 ]
蛇女!いました、いました!
関西にも(^O^)
あ~バイクもありましたねぇサーカスみたいで面白かったぁ!
いやーホント懐かしい。
でも、関西では「詐欺だー」「金かえせー」っと野次るのが習わしでしたぁ(^^ゞ
それで実際に訴えたり暴力沙汰になったりなどは無く、単に野次って騒ぐだけなんですけどね。
そーゆーバカ騒ぎもお祭りの催しの一つだったんですよ♪
2010-07-12 Mon 15:33 | URL | てる [ 編集 ]
私の場合、一人でもお祭り会場が近かったので行きましたね~
でも夜になると親と同伴じゃないと見回りの先生に怒られるわ、警察に指導されるわと怖いことが待っているので、本祭りには「お母さん、一緒にいこう!」とみんなでくりだしました。

大きくなってもまた親と行くのは、なにか違ったものもあって一緒にお花を沢山売っているところなんかいにいって叩き売りで安くしてもらったり。女の子だからでしょうかね~ 地元を就職して離れるまで親とは一回はいっていたまめたんです。

追伸:うちのぱぱっちはぐっさんにどんどん似てきています(笑)
2010-07-13 Tue 17:50 | URL | まめたん [ 編集 ]
いやああああ!全国に出没するんですね、蛇女!
関西の野次は野球の阪神戦を見ていると、なんとなく想像できます。
でもこういうときの野次って、なんか一緒に「金返せー」って言ってみたいような気がします。

小さいときは、本当に牛女いると思ってお父さんのそばから離れなかった思い出があります。
そうそう映画のジョーズを見た後は、海には行けなかったり(絶対出てくると思ってたから)。
あーそんなかわいい時代もあったんだね・・・
2010-07-13 Tue 17:54 | URL | まめたん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |