四つ葉のクローバーみぃつけた♪

ちょっと足元を見れば、幸せってすぐそこにあるのかも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

またまた講演会

今日はPTA主催の講演会がありました。
講演に来てくださった方は、新潟のエッセイスト「藤田市男」さんです。
藤田先生は二年前にも本校で講演をしてくださっており、それ以来私はすっかり先生のファンでちょこちょこメールのやり取りをさせていただいていました。
前回は「家族っていいなあ」というテーマ、今回は「あなたは大切な人」というテーマでのお話です。

皆さんにとっての「大切な人」といわれて誰が一番先に思い浮かびますか?
私の頭にはすぐにぱぱっちとちびこが浮かんできました。

ぱぱっちに会わなければちびこにも会えなかっただろうなって。
でもその前にぱぱっちの両親がいなければ、そして私の両親がいなければ今私は存在しないんだろうなって思うと私の周りにいるすべての人が大切なんだなと改めて思いました。

先生の講演は、必ずほろりとなっちゃいます。
先生ご本人も感極まってぽろり。
本当に心の澄んだ方なんです

先生は「嫌いな人のために死ぬな 好きな人のために生きろ」とおっしゃいました。
連日いじめで自ら命を絶つ子供が報道されています
”好きな人、大切にしてくれている人のために生きてほしかった”そう思いました。
講演後のグループディスカッションでも「本当にそうだよね」って。
もしちびこがそういう場面に遭遇したら、自分がそういう場面に遭遇したらこの言葉がきっと支えてくれるような気がします。

昨日の参観日でも担任の先生が「今子供たちと言葉の重さを話し合っています」とおっしゃっていました。
自分は軽く考えた言葉も相手にとってはとっても不安やいやな気持ちになるものだって、クラス全員で色々討論したそうです。

今報道されるいじめは、昔のやんちゃの延長でなった喧嘩や悪口とは違います。
人を死に追いやるまで追い詰めたり、恐喝まがいなことをしたり。
卑怯というかたちが悪いというか・・・ 正々堂々と喧嘩するといった根性はどこにいったんだろう。

小さな心でおっきな恐怖と戦っていたんだろうなって思うと、本当にやりきれません。
藤田先生はお子様が生まれたとき「この子と妻を一生守っていこう」と誓ったそうです。
私もちびことぱぱっちを守れるよう、どんなときも三人で沢山話をしていこうと思いました。

いずれくるだろう反抗期。
いずれくるだろう親からの旅立ち。

やかましいといわれるくらいしゃーべろっと!
ひとりごと | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<大和撫子 | ホーム | いよいよスタートです♪>>

コメント

親に大切にされて そう 常にお話のできる親子は 大丈夫!
大切な人のために生きる...その通りですね。
大切な人が生きていけるような そんな家族...
まめたんさん家族は 何の心配もないと思います。
いずれは反抗期だってきます。
親からも巣立っていきます。
でも それは 親子だから...
巣立っても親子だから...
そんな大切な家族だから...
大丈夫!
2010-11-19 Fri 16:29 | URL | ひでちゃん [ 編集 ]
いつもコメントありがとうございます!

学校から帰ると「お母さん!あのさ!」と学校のことを話すちびこ。
そこで大体の一日のことを話すので、ぱぱっちが帰宅して「今日学校でなにあった?」って聞いたらめんどくさそうに話すようになりました(笑)

私も中学校のころはお父さんにも話すのが面倒な時期があったなってちょっと二人の会話を聞いていて笑っちゃいました。

ぱぱっちに「ちびこもね、そういう親に面倒だっておもう時期なんだって」っていったけど「うちにちびこにかぎってはそんなことないもんね!」と少年のように口を尖らせてプリプリしてました。

そんなおばかな話をしている瞬間いつも家族っていいなって思います。
2010-11-19 Fri 18:53 | URL | まめたん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。