四つ葉のクローバーみぃつけた♪

ちょっと足元を見れば、幸せってすぐそこにあるのかも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

また有名に

先日ブログに書いた六年生を送る会。
すべてを捨てて  臨んだ五年生の出し物「家政婦のミタ」。

結果は・・・

大成功!

ちびこたちの”ちゃらいミタ”があの音楽とともに入場した時、最前列の六年生はそれだけで大爆笑だったんだそうです(保護者はみにいけないので残念でした)

まあ、その爆笑がスイッチだったんでしょうか・・・
彼女たちに「お笑いの神」が君臨したんでしょうね(というかちびこにだけ?)
リハーサル以上にちゃらさが増したようで、普段からあいつはちゃらいのか?のレベルで劇が進行されたんだそうです。5年生、本当によくがんばりました!

劇の終了後、六年生からも担当以外の先生たちからも「いやあよかった!」「超おもしろかった!」と何よりもうれしい言葉が彼女のもとにたくさん届きました。
六送会の目的・・・”六年生を楽しませること”。達成です!

でもここで新しい問題が発生しました。

ちびこは今まで「あ!メダルをもらったお姉ちゃんだ」「○○レンジャー(うちの学校の正義の味方)の人だ」といった印象が強かったらしく、教務室へいっても、私の顔をみるなり「ちびこちゃん頑張っていますよ~」とちょっと誇らしげなことが多かったんです。

しかし・・・

このちゃらいミタをやったことで・・・

なんと「あ!ちゃらミタ(=ちゃらいミタ)だ!」だって

いいんだか悪いんだか(笑)
すっかり昨年夏の栄光のメダリストの姿はなくなっちゃったんだろうな(笑)

ちびこよ、それも人生だ。
家族 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あっという間の一年 | ホーム | 春はもうすぐそこ・・・のはず?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。