四つ葉のクローバーみぃつけた♪

ちょっと足元を見れば、幸せってすぐそこにあるのかも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今年はアクシデントからのスタート

久しぶりのブログ更新です

年末年始、合宿に休みなく頑張っていたちびこ。
新学期が始まって2日目、思いもよらないアクシデントが

友達と一緒に傘をさしていつもの通りたわいもないおしゃべりをしていたちびこ。
とその時、急に後頭部に激痛が走りました!
持っていた傘を見ると、傘の骨が3本折れている・・・ 頭は割れそうに痛い・・・

後頭部に風船大の「氷の塊」がぶつかった瞬間でした

「いたあああああああああ」

さすがの痛みに強いちびこもこの時ばかりは、眉間にしわが寄ってそれ以上ことばがでなかったそうです。
そこでしゃがんだり、泣いちゃえばよかったのに・・・
あいつらしくって、自宅までまず帰ろうと平静を装って・・・

帰宅した途端「お母さん、ごめん!友達に傘壊されちゃった!それと・・・頭が痛い

私は「なにやってんの!」と軽く受けたのですが、傘の状態をみてびっくり!
それと同時に「ちびこの頭!大丈夫?」と心配でしょうがありませんでした。

ちびこと私が一番腹が立ったことはたった一つ。
相手の子がその場で間違いだろうと、わざとだろうと「ごめん!」と一言謝れなかったこと。
もう春には中学生。自分のしたことに責任をとれる歳です。

その週末実は、チームの優勝、個人の優勝が濃厚だった大会がありました

彼女は怪我をして数日にも関わらず、大会当日は痛みどめが効かなくても意地でレースにのぞみました。
見ているこっちは本当に止めたかった。
個人賞はすべて休んで、リレーも体調の万全な仲間に代わってもらうよう指示しました。

でも・・・

ちびこのとった選択は「競技を辞める気はない!」

大会の前々日、私は「自分には予期できないことであきらめなければならないときもあるよ?今までちびこがこの日のために年末年始休みなく頑張ってきたことはお母さんよくわかってるから。でもね、休むことを選択するのも長い競技人生大切な選択なんだよ?」って話しました。





ちびこは頭が痛いので横になりながら、泣きながら聞いていました。




頑固な娘は「これで終わってもいい!この日のために練習してきたもの!」とレースへ。
この強さが彼女の芯がぶれない所以なんでしょうね。


学校では痛みも見せないし、平静にしていないと怪我をさせた友達がつらいだろうからって。
人っこいいのもいい加減にしてほしいと、本当に思いました。



大会当日、親友の親子が二日間のレースにかけつけてくれました。
「私があの時怪我をしていれば、ちびこちゃん練習とか休まないでいれたのに」
そんなあったかい言葉を自分の考えでいってくれる友達です。
そんな友達がいるから、ちびこはどんな逆境にも耐えれるんだと改めて思いました。

怪我をしているにも関わらず、リレーはベスト・個人種目も1秒しか落としませんでした。

いつものライバルもタイムを落としたちびこを心配してくれ「万全でないちびこに勝ってもどうしょうもない」と勝っても何にも喜ばなかった・・・
ちびこの周りは、本当にアスリート魂の仲間です。
違うチームにも関わらず、お互いに気にかけていて調子は悪かったけどとてもあったかい大会でした。

大会後、痛みのひかないちびこを連れて大きな病院へ。
CTと首のレントゲンをとりました。

結果は「異状なし」。

でも・・・  「最短に万全な状態に戻すには完全にスポーツを辞めてください」というお医者様の重い言葉でした。

先生のくだした診断は「全治今日から1週間」

ちびこの顔から笑顔が消えました。
そしてその日から「水泳」「練習」「チームの仲間」の話題がなくなりました

あんなにうれしそうにきつい練習にも耐えてきたちびこ。
この大会でメダルをたくさん持って帰ると張り切っていたちびこ。

大好きな体育もこの日から一切中止です。

お母さんも、ぱぱっちも悔しいよ・・・

でもそれ以上にこの辛い気持ちをぶつけることができない、吐き出すことができないちびこが一番悔しい。

あのレースの前日にいった「なんで?なんでちびこがこんな目に合わなきゃいけないの?」
その言葉は本当に重かった。

怪我と事故は、予期せず起こることが多いもの。
でも実際わが子にそれが降りかかって、本当にかわいそうだった・・・

水泳の神様は、ちびこに何をさせたいのか何をしたいのか。

そしてその後、喪があけたちびこでしたが今度はインフルエンザB型に・・・

なにこれ?

そんなこんなでまめたん一家はあっという間に月日を過ごしてしまったのでした・・・
家族 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<試練の山 | ホーム | 今年もよろしくお願いいたします!>>

コメント

お久しぶりです。
その後ちびこちゃんはどうですか?

今いじめや体罰でいろいろ考えることの多い時期...
最近は 人の痛みがわからない子供が多いね。
自分に置き換えて考えられないのね。
それって 親が痛みを教えないからだと思う...
時期によっては いけないとたたくことがあっても良いと思うね。
それすらもできない親に問題ありね。
かとおもうと虐待になるし...
なんでだろうね。

ちびこちゃん 今回の出来事は きっとあなたにとって精神的に成長できた出来事だと思います。
肉体的に頑張りたかったんだろうけど これからの長い人生で このことはほんの一瞬のできごとよ。
でも その一瞬に あなたは痛みと悔しさを学んだ。
これって大切なことです。
こういう精神的な悔しさが あなたをまた1段成長させてると思います。無駄じゃないからね。
体が悲鳴を上げたときは 休む勇気も必要です。
そして ちびこちゃんは いつもあなたのことを1番に考えて 応援してくれるご両親がいること...とっても幸せなことよ。
そんなご両親のことも忘れずに 甘えたい時はあまえて!
これって ご両親孝行なことなのよ。
これからも 予期しないことがあるかもしれない...
でも それも試練だと思って...
ちびこちゃんにとって プラスになるって信じて...
乗り越えていって下さいね。
それができるってわかってるから 神様が与えてるんだと思います。
今年から 中学生...
ますます成長するちびこちゃんを ここ会津から見守っていますよ。
頑張れ!ちびこちゃん!
2013-02-09 Sat 09:47 | URL | ひでちゃん [ 編集 ]
あたたかいコメントいつもありがとうございます!

ちびこは、何とかベストタイムタイまで上がってきました。

でもやっぱりあの怪我がなかったら・・・という気持ちはなかなか抜けず、そこは等身大の小学生だなあと思います。
責任感がつよ過ぎるタイプなので、自分が迷惑をかけるわけはいかない・・・といったことが何よりも先にでるので長引くんでしょうね。

ひでちゃんさんのおっしゃるとおり、この試練を乗り越えてまた強くなれたなと思います。

あと大会は一つ。

いい結果を残すことだけを考えて頑張りたいと思います!
2013-02-13 Wed 13:06 | URL | まめたん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。